ブログ

聖武天皇「一握りの土を運ぶことでもいい東大寺大仏造りに参加してほしい」【仏教って何?その3】

56

たとえ草のひと枝
一握りの土を運ぶことでも良い
大仏造りに参加してほしい
743年 聖武天皇の大仏造営の詔

この世は、飢饉、地震、疫病と乱れ、民は租庸調の税に苦しめられていました。ロクに食べるものもない。善人でも、子供が腹を空かしていると犯罪を起こしてでも食料を・・と考えても不思議ではない。そんな混乱の世の中だとそうぞうできます。おまけに聖武天皇は4度遷都を行う。なぜ?なぜ?なぜなんだ。。。?

仏教が伝来538年し200年が流れても、仏教は庶民のものではなかった

36

31

聖武天皇(701ー756)

7歳で父と死別、母の宮子は心的障害
714年 14歳で皇太子へ
724年 24歳で即位
740年 40歳河内の知識寺(庶民の寺)で東大寺建立を思い立つ
741年 41歳で国分寺建立の詔 鎮護国家をめざす
743年 43歳で墾田永年私財法、東大寺建立の発願
749年 娘(孝謙天皇)へ譲位
752年 東大寺大仏の開眼法要 (鑑真来日)
756年 56歳で崩御

聖武天皇のは7歳で父と死別、母の宮子も心的障害、母と会ったのは30年以上立ってから。その半生は孤独との戦いだったと言いえます。藤原氏は、皇后は皇族出身というルールを逸脱し、藤原不比等(中臣鎌足の息子)の娘、光明子を聖武天皇の皇后にします。※母の宮子も藤原不比等の娘という複雑な関係です。

世の中は藤原氏が勢力を拡大していましたが、度重なる飢饉や地震で民は疲弊していました。旧皇族の血筋 VS 藤原氏という構図もあり世は乱れていました。

100

そんな中、聖武天皇は鎮護国家を目指し、仏教で国を治めることをはじめます。
仏教が浸透していく一大事業があります。

37

38

聖武天応は救いを求めたのは、仏教。高さ15mという盧舎那大仏をつくること。

39
不吉な事がおきるのは、天皇の責任、不徳と言われる時代。息子も2歳でなくなり、天然痘の流行(人口の1/3がなくなる)で、藤原四兄弟が他界。長屋王を滅ぼしたタタリともとれる現象。民の視線をそらすために遷都を繰り返したのか、土着の権力を剥がしに大ばくちに出たのか???

平城京から、
恭仁京(くにきょう):現京都府加茂町
紫香楽宮(しがらききょう):滋賀県甲賀市
難波宮(なにわきょう)
紫香楽宮(しがらききょう):滋賀県甲賀市

と遷都を繰り返した行動は、どんだけ引っ越しが好きなんか?奇行ともとられますが、天武天皇の壬申の乱のルートと同じであり謎めいています。しかし、最近では唐をまねた複都体制だという説が有力となってきました。NHK BS「聖武天皇 未完の遷都計画~最新発掘が明かした大国家構想~」は興味深かったです。740年12月恭仁京(平城京北10km)は250㎡ある宮殿が発掘され、思いつきの遷都ではなかった。恭仁京(くにきょう)は洛陽をまね木津川沿いに陣取る都、貴族を全員移動を命じ、その勢力をはぎ取る。743年東大寺建立の発願。744年難波宮へ遷都(外貿の都)、745年紫香楽宮へ遷都、仏都とし盧舎那仏を建立し陽郊外の龍門の石窟を真似た。これはあまりにも、壮大なプロジェクトだが、混乱をまねき半年足らずで平城宮に戻ることとなります。

この遷都は民の関心を、不吉なものから、別なものに持っていこうとしたのか。東大寺もそうであったのか?話が、自分でも混乱してきた。どうやってその三都を維持するのか・・・歴史ではそんな時期に地震が起きて、聖武天応は平城京へ戻ることを決断した。お金もなかったんでしょう・・。

そこで話は東大寺建立に大きく関わった行基菩薩へ。行基菩薩は百済からの渡来人の末裔行基。堺市付近で生まれた。
43

行基(668-749)

15歳で僧に、道昭(どうしょう)などから仏教の教えを受ける
人々のために池を掘り、道を開き、橋をかけ各地をまわる
優婆塞(うばそく)という非公認の僧数千人がともにあった。その数は1万人以上とも言われる。

710年 平城京遷都 過酷な労働を強いられた人に手をさしのべる
717年 50歳 行基の民間伝道を僧尼令違反として禁圧(上の事由により警戒された)
723年 三世一身法が発布される(開墾した土地は、3世代まで自分の土地に → 行基チーム拡大する)
724年 57歳 聖武天皇即位
731年 64歳 再び僧になる。(61歳以上の優婆塞と55歳以上の優婆夷の得度を許した→ 行基の力を利用する方向に舵をとった)
745年 聖武天皇は大僧正に任じる
749年 81歳 他界する

行基が立てた渡来人パワーで立てた土塔です。高さ8.6m、一辺は53m、6万枚の瓦が使用され、いかに大規模な土木工事だったかわかります。

44

渡来系の技術力

45

46

発掘された、瓦には参加した人の名前が書かれています。
48 49

20年前くらいに法隆寺に行ったときに、改修だったと思うのですが、瓦を1000円で買って後ろに娘が名前を書いたのを思い出します。

50

行基の信者は寺院や仏像の建立や維持に働き、事業に寄進しました。これを知識といいます。この知識という力を、聖武天皇は取り込んだわけです。

古代史ドラマスペシャル 大仏開眼(かいげん)をアーカイブで見ていたのですが都造りを頼まれたときに、行基は「人は己のためには働く。人は理屈だけでは動かない」と断ります。そこで聖武天皇は、仏門に入るため修行をし現場では工事をしている優婆塞(うばそく)750名に僧侶の身分を与えるのですが・・鎮護国家を目指す日本の国づくりの歴史はダイナミックでしたたかで面白いものです。

51

行基の元には人が集まりました。人々のために池を掘り、道を開き、橋をかけ各地をまわる。優婆塞(うばそく)という非公認の僧数千人がともにあった。その数は1万人以上とも言わてます。

31

聖武天皇は、61歳以上の優婆塞と55歳以上の優婆夷の得度を許し、味方に取り込みます。

そして庶民に呼びかけます。

 

53

聖武天皇の大仏造りは、民にとって他人事から自分事に変わります。
大仏建立は、仏教が民の身近なものになり、浸透していくきっかけとなりました、国家事業として民の無償の労働力が注がれたものは、他にはないのではないでしょうか。そして行基菩薩というカリスマの存在はどんだけ大きかったでしょう。

鎮護国家を目指した、聖武天皇 大仏建立を目指し、741年 「国分寺建立の詔」

聖武天皇というのは、底が知れません。少し、本を買ってみたので何か合点がいけばBLOGに書きますね。
お遍路を10カ寺ほど廻っていて、聖武天皇の勅令で行基菩薩が開基したというお寺が1/3はあるという事実が胸を突きます

 

55 56

1998年に世界遺産に登録 東大寺の大仏は高さ15メートル、重さ380トン、銅製の仏像としては世界一の大きさ

関連リンク

538年「仏教伝来じゃなくて、仏像伝来」高倉健さんが通った善光寺【仏教って何?その1】
飛鳥寺の渡来人の建築技術・空海も唐から技術を持ち帰った?【仏教って何?その2】
聖武天皇「一握りの土を運ぶことでもいい東大寺大仏造りに参加してほしい」【仏教って何?その3】

この記事を書いた人 Author Profile

渡部雅泰ライター
こんにちは、四国愛媛在住でITの会社を生業としています。元旅行マンなので世界遺産に登録候補になっている四国八十八カ所を廻ることとしました。いつか時間ができたら歩き遍路も挑戦予定ですが、今回はバスツアーで廻ります。笑顔をお届けできたらうれしいです。(^o^)
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

四国88ヵ所 お遍路で訪ねたお寺

【徳島県】
1番 霊山寺 (りょうぜんじ)
2番 極楽寺 (ごくらくじ)
3番 金泉寺 (こんせんじ)
4番 大日寺 (だいにちじ)
5番 地蔵寺 (じぞうじ)
6番 安楽寺 (あんらくじ)
7番 十楽寺 (じゅうらくじ)
8番 熊谷寺 (くまたにじ)
9番 法輪寺 (ほうりんじ)
10番 切幡寺 (きりはたじ)
11番 藤井寺 (ふじいでら)
12番 焼山寺 (やくおうじ)
13番 大日寺 (だいにちじ)
14番 常楽寺 (じょうらくじ)
15番 国分寺 (こくぶんじ)
16番 観音寺 (かんのんじ)
17番 井戸寺 いどじ)
18番 恩山寺 (おんざんじ)
19番 立江寺 (たつえじ)
20番 鶴林寺 (かくりんじ)
21番 太龍寺 (たいりゅうじ)
22番 平等寺 (びょうどうじ)
23番 薬王寺 (やくおうじ)

【高知県】
24番 最御崎寺 (ほつみさきじ)
25番 津照寺 (しんしょうじ)
26番 金頂剛寺 (こんごうちょうじ)
27番 神峯寺 (こうのみねじ)
28番 大日寺 (だいにちじ)
29番 番国分寺 (こくぶんじ)
30番 善楽寺 (ぜんらくじ)
31番 竹林寺 (ちくりんじ)
32番 禅師峰寺 (ぜんじぶじ)
33番 雪蹊寺 (せっけいじ)
34番 種間寺(たねまじ)
35番 清滝寺 (きよたきじ)
36番 青龍寺(せいりゅうじ)
37番 岩本寺(いわもとじ)
38番 金剛福寺(こんごうふくじ)
39番 延光寺(えんこうじ)

【愛媛県】
40番 観自在寺(かんじざいじ)
41番 龍光寺 (りゅうこうじ)
42番 仏木寺 (ぶつもくじ)
43番 明石寺 (めいせきじ)
44番 大寶寺 (だいほうじ)
45番 岩屋寺 (いわやじ)
46番 浄瑠璃寺 (じょうるりじ)
47番 八坂寺 (やさかじ)
48番 西林寺 (いさいりんじ)
49番 浄土寺 (じょうどじ)
50番 繁多寺 (はんたじ)
51番 石手寺 (いしてじ)
52番 太山寺 (たいさんじ)
53番 円明寺 (えんみょうじ)
54番 延命寺 (えんめいじ)
55番 南光坊 (なんこうぼう)
56番 泰山寺 (たいさんじ)
57番 栄福寺 (えいふくじ)
58番 仙遊寺 (せんゆうじ)
59番 国分寺 (こくぶんじ)
60番 横峰寺 (よこみねじ)
61番 香園寺 (こうおんじ)
62番 宝寿寺 (ほうじゅじ)
63番 吉祥寺 (きちじょうじ)
64番 前神寺 (まえがみじ)
65番 三角寺 (さんかくじ)

【香川県】
66番 雲辺寺 (うんぺんじ)
67番 大興寺 (だいこうじ)
68番 神恵院 (じんねいん)
69番 観音寺 (かんのんじ)
70番 本山寺 (もとやまじ)
71番 弥谷寺 (いやだにじ)
72番 曼荼羅寺 (まんだらじ)
73番 出釈迦寺 (しゅっしゃかじ)
74番 甲山寺 (こうざんじ)
75番 善通寺 (ぜんつうじ)
76番 金倉寺(こんぞうじ)
77番 道隆寺 (どうりゅうじ)
78番 郷照寺 (ごしょうじ)
79番 天皇寺(てんのうじ)
80番 国分寺 (こくぶんじ)
81番 白峯寺(しろみねじ)
82番 根香寺(ねごろじ)
83番 一宮寺 (いちのみやじ)
84番 屋島寺 (やしまじ)
85番 八栗寺 (やくりじ)
86番 志度寺 (しどじ)
87番 長尾寺 (ながおじ)
88番 大窪寺 (おおくぼじ)

Views

instagramやってます

Twitter

言語:

ページ上部へ戻る