お遍路ブログ|blog

  1. 六十六番札所 雲辺寺(うんぺんじ)四国霊場のうち最も高い標高911メートル #66 Unpenji

    お遍路でロープウェイに乗るのは2回目、21番札所太龍寺にもございました。到着すると山頂は霧がかっていて気温10度、歩く道の沿道沿いには五百羅漢が、にらみつけるように立ち尽し向かえてくれます。私にそっくりな羅漢がありました。(笑)誰にでもあるそうですよ。

    続きを読む
  2. 六十七番札所 大興寺(だいこうじ)仁王門には初期運慶の作 #67 Daikoji

    長閑な場所に位置する大興寺。民を慈しむような場所に、お寺は位置するモノですよね。なんども建てかえられているようですが。それでも、世界観を保つようにきちんと植樹され、霊力を持つとされる松や杉などの常緑樹が見事ですよね。クロマツは樹齢が500年とききますからね。

    続きを読む
  3. 六十八番札所 神恵院 (じんねいん)観音寺と同じ敷地にあるのはなぜ #68 Jinnein

    お寺は、戦国時代は闘いの舞台になるので消失されることがおおいですよね。それにしても、このコンクリートの入り口はちょっと異様であります。敷地内に観音寺もあるのですが、当時の伽藍の大きさが想像できないのが残念です。特に感想がでないのが残念です。

    続きを読む
  4. 六十九番札所 観音寺 (かんのんじ)観音寺市の人々から「おかんのんさん」と呼ばれ親しまれているお寺 #69 Kannonji

    財田川を渡ると、まもなく観音寺へ到着。海沿いの小高い丘にあるべくして存在するお寺です。観音寺市は愛媛、徳島と県境を同じくして、いわゆる交通の要であって、古墳なども多いので古くから人の営みが盛んだったのでしょうね。銭形砂絵があるように、商売も盛んな場所ですよね。

    続きを読む
  5. 七十番札所 本山寺 (もとやまじ)四国霊場では竹林寺・志度寺・善通寺とこの本山寺の4ヶ所だけという五重塔 #70 Motoyamaji

    お遍路ではじめて見つけた六文銭、真田丸を欠かさず見ているので、購入、たしか1000円。このお寺は、境内が広くて風格がございます。五重塔が残念ながら、工事中でした。五重塔(ごじゅうのとう)は、仏塔の形式の一つ。層塔と呼ばれる楼閣形式の仏塔のうち、五重の屋根を持つものを指す。

    続きを読む
  6. 七十一番札所 弥谷寺 (いやだにじ) 人生のような階段がつづくお寺 #71 Iyadaniji

    階段に次ぐ、階段で膝がぐらぐらになりながら本堂へ。静けさがしみいるような、四国遍路のお寺に来たぞ!と思わせる空間が弥谷山です。お寺がない前は、この山自体がご神体ではなかったであろうかというくらいの、背筋がゾクッとするほどの冷気がございます。

    続きを読む
  7. 七十ニ番札所 曼荼羅寺 (まんだらじ) 創建は四国霊場で最も古い推古四年(596)#72 Mandaraji

    創建は四国霊場で最も古い推古四年(596) 推古天皇時代。かなりの伝統!なぜ讃岐に??推古天皇元年(593)に聖徳太子が建立した官寺が四天王寺ですからね・・それから3年後・・そういう意味では古刹ですね。この時代蘇我氏 VS 物部氏の仏教を受け容れるか争っていた時代。

    続きを読む
  8. 七十三番札所 出釈迦寺 (しゅっしゃかじ)弘法大師が“真魚”と呼ばれていた7歳の時「捨身ヶ嶽」縁起 #73 Shushakaji

    空海上人の幼少の呼び名は佐伯真魚(まお)、空海の風景(司馬遼太郎)を呼んでいると、この時代古典的な動物名称を名前にする習慣があったそうな・・・。弘法大師が“真魚”と呼ばれていた7歳の時。「私は将来仏門に入り、仏の教えを広めて多くの人を救いたい。私の願いが叶うなら釈迦如来よ、姿を現したまえ。

    続きを読む
  9. 七十四番札所 甲山寺 (こうざんじ)弘法大師の故郷で、幼少時代によく遊んだといわれる場所 #74 Koyamaji

    弘法大師の故郷で、幼少時代によく遊んだといわれる場所とのふれこみだったが、どうもその気配が私には感じられない、失礼(汗)。気配さえ、消されてしまったのだろうか。嵯峨天皇の勅命を受けてこの地にある日本最大の溜池「満濃池」の修築工事を監督する別当に任命された弘法大師。

    続きを読む
  10. 七十五番札所 善通寺 (ぜんつうじ) 恵果和尚の住した長安・青龍寺を模して建立したお寺 #75 Zentsuji

    唐より帰朝されたお大師さまが、御父の寄進した四町四方の地に、師である恵果和尚の住した長安・青龍寺を模して建立したお寺お大師様の生誕の地は、善通寺の境内。善通寺には五岳山という山号があって、この善通寺は当時は海がこの近くまで来ていたという。

    続きを読む

最近の記事

四国88ヵ所 お遍路で訪ねたお寺

【徳島県】
1番 霊山寺 (りょうぜんじ)
2番 極楽寺 (ごくらくじ)
3番 金泉寺 (こんせんじ)
4番 大日寺 (だいにちじ)
5番 地蔵寺 (じぞうじ)
6番 安楽寺 (あんらくじ)
7番 十楽寺 (じゅうらくじ)
8番 熊谷寺 (くまたにじ)
9番 法輪寺 (ほうりんじ)
10番 切幡寺 (きりはたじ)
11番 藤井寺 (ふじいでら)
12番 焼山寺 (しょうさんじ)
13番 大日寺 (だいにちじ)
14番 常楽寺 (じょうらくじ)
15番 国分寺 (こくぶんじ)
16番 観音寺 (かんのんじ)
17番 井戸寺 いどじ)
18番 恩山寺 (おんざんじ)
19番 立江寺 (たつえじ)
20番 鶴林寺 (かくりんじ)
21番 太龍寺 (たいりゅうじ)
22番 平等寺 (びょうどうじ)
23番 薬王寺 (やくおうじ)

【高知県】
24番 最御崎寺 (ほつみさきじ)
25番 津照寺 (しんしょうじ)
26番 金頂剛寺 (こんごうちょうじ)
27番 神峯寺 (こうのみねじ)
28番 大日寺 (だいにちじ)
29番 番国分寺 (こくぶんじ)
30番 善楽寺 (ぜんらくじ)
31番 竹林寺 (ちくりんじ)
32番 禅師峰寺 (ぜんじぶじ)
33番 雪蹊寺 (せっけいじ)
34番 種間寺(たねまじ)
35番 清滝寺 (きよたきじ)
36番 青龍寺(せいりゅうじ)
37番 岩本寺(いわもとじ)
38番 金剛福寺(こんごうふくじ)
39番 延光寺(えんこうじ)

【愛媛県】
40番 観自在寺(かんじざいじ)
41番 龍光寺 (りゅうこうじ)
42番 仏木寺 (ぶつもくじ)
43番 明石寺 (めいせきじ)
44番 大寶寺 (だいほうじ)
45番 岩屋寺 (いわやじ)
46番 浄瑠璃寺 (じょうるりじ)
47番 八坂寺 (やさかじ)
48番 西林寺 (いさいりんじ)
49番 浄土寺 (じょうどじ)
50番 繁多寺 (はんたじ)
51番 石手寺 (いしてじ)
52番 太山寺 (たいさんじ)
53番 円明寺 (えんみょうじ)
54番 延命寺 (えんめいじ)
55番 南光坊 (なんこうぼう)
56番 泰山寺 (たいさんじ)
57番 栄福寺 (えいふくじ)
58番 仙遊寺 (せんゆうじ)
59番 国分寺 (こくぶんじ)
60番 横峰寺 (よこみねじ)
61番 香園寺 (こうおんじ)
62番 宝寿寺 (ほうじゅじ)
63番 吉祥寺 (きちじょうじ)
64番 前神寺 (まえがみじ)
65番 三角寺 (さんかくじ)

【香川県】
66番 雲辺寺 (うんぺんじ)
67番 大興寺 (だいこうじ)
68番 神恵院 (じんねいん)
69番 観音寺 (かんのんじ)
70番 本山寺 (もとやまじ)
71番 弥谷寺 (いやだにじ)
72番 曼荼羅寺 (まんだらじ)
73番 出釈迦寺 (しゅっしゃかじ)
74番 甲山寺 (こうざんじ)
75番 善通寺 (ぜんつうじ)
76番 金倉寺(こんぞうじ)
77番 道隆寺 (どうりゅうじ)
78番 郷照寺 (ごしょうじ)
79番 天皇寺(てんのうじ)
80番 国分寺 (こくぶんじ)
81番 白峯寺(しろみねじ)
82番 根香寺(ねごろじ)
83番 一宮寺 (いちのみやじ)
84番 屋島寺 (やしまじ)
85番 八栗寺 (やくりじ)
86番 志度寺 (しどじ)
87番 長尾寺 (ながおじ)
88番 大窪寺 (おおくぼじ)

instagramやってます

Twitter

ページ上部へ戻る